引越しをする時は、引越し業者を比較すること

引越しをしようと考えた時、たくさんしなければいけないことがあります。引越しはすごく大変です。お金もかかりますし、手続きも大変です。引越しをするときに大事な事の1つに引越し業者を選ぶということがあります。引越し業者選び次第で相場が全然違うので、とても大切です。ついつい面倒だから誰でも知っている引越し業者を選びたくなるかもしれませんが、前もってきちんと調べておく必要があります。誰でも安くてサービスのいい業者を選びたいと思うのは当然ですが、そもそも引越しというのは生きている間に何度もするものではないので、提示された値段が高いのか安いのか相場もわかりません。しかし、分からないからといって営業の人の言うままに契約をしてしまっては損をしていることが多いです。何故なら、引越し業者が最初に提示する金額はかなり高めに設定されているからです。ですので、必ず複数の引越し業者を比較して1番お得なところを選ぶ必要があります。ただでさえ引越しで忙しいのに、引越しまで手間を掛けられないと思っても業者によっては、同じ内容で金額が二倍くらい違うこともあるので、必ずしっかりと調べましょう。その際、簡単に比較できるのが、相見積もりサイトというところです。これを使うとほんの数分であっという間に安い業者が見つかるので便利です。忙しくても少しのあいた時間で調べられるので、オススメです。また、無料で使えるサービスのなので使った方が絶対にお得です。

このように、何も考えずに引越し業者を選んでしまうとすごく損をしている場合があります。引越しはただでさえお金がかかるので、出来るだけ引越し費用を節約したいと誰でも思います。しかし、引越し業者は200社くらいあるので、さすがに200社調べるということは難しいので、もう少ししぼって調べる必要があります。そして、引越し業者は大きく分けると大手の引越し業者と中小企業の引越し業者とふたつあります。大手は高いけど安心でき、中小企業は安いがサービスに不安があるという特徴があるので、自分に合わせて使い分けることが必要です。もし、引っ越しを考えたら引越し相見積もりサイトから業者を調べてみることをオススメします。

引越し見積もり最安の業者は?

ダンボール箱を活用方法:引越し後も楽々整理

引越しで動かす荷物は大きく分けて2つになります。 1つは大型家電や家具。これは配送業者に任せざるを得ません。 2つ目は小物類(衣類や食器や生活小物)。これは自分でできますね。

自分でできる物は自分で処理した方が、引越し費用も抑えられます。 そこで、2つ目の小物類を引っ越す便利なコツをご紹介します。

●小さなダンボール箱を詰めて、それを大きなダンボール箱に詰める。
(以下、ダンボール箱は箱と表記します) 家の物を比較的小さく分類して、小さな箱に詰めます。 例えば、衣類だけの箱、食器だけの箱、洗剤類だけの箱、のように。 そして、その小さな箱達を大きな箱に詰めます。

理由は3つあります。
●1つ目は、引っ越し直前まで物の出し入れが楽なこと。
あれが必要、これを入れなきゃ、と引っ越し直前まで物の出し入れがあります。 分類が小さくなっていると、出し入れが楽です。

●2つ目は、持運びが楽なこと。
大きな箱に詰めてしまえば、車や新居への移動回数も減らせます。 新居でも開封場所まで小さな箱を配置させるだけなので、楽です。

●3つ目は、開封作業がスムーズに進むこと。
大きな箱に色々な物を入れると、開封がスムーズになりません。 服を処理したのに、箱のなかにはまだ小物類が残ってる、ハー面倒のように。 でも小さな箱を開封する場合は、これお終い!これお終い!とトントン拍子に進みます。

小さな箱などは、スーパーで無料で手に入ります。 大きな箱は、重いものが入るので、できればホームセンターで丈夫な物を購入することをお勧めします。

以上、ダンボール箱を活用した、引っ越し作業のコツでした。

新築物件への引越しは大手に頼む

引越し屋さんはピンからキリまであり、価格も倍くらい違います。経験から言うと大手引越し会社は引越しのノウハウが 豊富で独自の梱包材や養生材を持っています。ですから大手も半数以上はアルバイトを使っているのでしょうが そつなくきれいな引越しができるのは事実です。かたやセミプロの引越し屋さんはそのあたりのノウハウがなく また独自の梱包材や養生材はもちろん持っていません。ですから建物や家財道具を傷つける可能性は大手に比べて高いでしょう。

そこでどういうケースに大手を使うかということになると、新築物件への引越しは大手に任せた方が無難でしょう。 新築の持ち家や借家に早速傷をつけてはもったいないですし、大手なら万が一の時の保証もしてくれるでしょう。 仮住まいに転居するケースならセミプロでもいいと割り切ってもいいでしょう。

見積もりが全てではありません

引っ越しをする時は誰もが必ず一度は業者に見積もりを出してもらうでしょう。その時にネットなどの一括見積もりはとても便利に感じます。 しかしネットで見積もりを出してその値段でいいかな、そう思っても一度業者の方に電話で確認することが大切です。できれば安く済ませたい、そう思いどこが安いのかを調べているわけですから。

電話をするときに業者によっては値切ることも可能です。 ポイントはその日に何人が来るのか、そして自分の荷物がどれだけあるのかを正確に把握することです。特に単身引っ越しの荷物はある程度量は知れていると思われます。なので業者に電話をして何人が作業をしに来るのかを聞くことが大切です。

もしその時の人数が多すぎるな、そう思ったときはもう少し人員を減らしてくれ、そう頼むのもアリでしょう。うまくいけば見積もりの金額より安く引っ越しができる場合があります。

PAGETOP
Copyright © 引越し業者相見積もり All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.